【プリッキー】様々な状況変化に対応できる万能クランク!

ルアー

Prikkeyとの出会い

どうも、みやぶーです。

ここ最近いろいろな管理釣り場に行ってエリアトラウトをしています

筆者はエリアトラウトで釣りをする場合クランクをメインに使っています。

スプーンもたまに使ってはいますが
クランクのほうがなんとなく魚を攻略している感があって好きです。

そんな中2022年の新春福袋でPrikkeyというクランクに出会いました。

何度か釣行で使ってみて現在の筆者イチ推しクランクとなったので紹介したいと思います。

その他福袋に入っていた商品は下記記事で紹介しているので良かったらご覧ください。

Prikkeyについて

Prikkeyはどんなクランク

Prikkeyは2021年12月にJACKALLから発売された
フローティングタイプのエリアトラウト用クランクベイトです。

Prikkey / プリッキー - TIMON 鱒・トラウト釣り|JACKALL|ジャッカル|ルアー
ルアーメーカー JACKALL ジャッカル TIMON(TROUT) 鱒(マス・トラウト)釣りルアー製品「 Prikkey / プリッキー 」ページです。琵琶湖の湖岸に本拠地をもつJACKALLより、鱒(マス・トラウト)のルアーの使い方や攻略法・釣果などを動画、ブログでご紹介します。

最大の特徴はなんと言っても大きなロングリップ!

開発者いわく同じJACKALLのPepinoが持つ大きなリップに惚れこんで採用したとのこと。

Pepinoと合わせて写真を撮ってみましたが
たしかによく見るとリップが長く形状も似ていますね。

このロングリップのおかげでしっかりと水をかんで
小粒ボディーを左右にキビキビと振って泳いでくれます。

ボディは唐辛子のような小粒なデザインで見た目もとても可愛らしいです。

小粒なデザインのおかげでフッキングが決まりやすく安定した釣果をあげることが出来ます。

Prikkeyの公式紹介動画はとても参考になるのでぜひ見てください。

Prikkeyの使い方

次にPrikkeyの使い方です。

基本はただ巻きで問題ありません。

デッドスローで巻くことをメインとして設計されているようですが
早巻きでも十分に使えます。

特に筆者の使用感としてはマッドウォーター環境だと
デッドスローより1秒1回転程度の早巻きのほうがよく釣れました。

速く巻いても泳ぎが破綻しないため
アクションを大きく見せたいときは早巻きで使うといいと思います。

潜水レンジは竿の傾きと巻きスピードでコントロールすることが出来ます。

竿を立ててデッドスローにするとトップから表層1m付近を、
逆に竿を水面まで下げて早巻きすると下層付近を攻めることが出来ます。

一つで幅広いレンジを攻めることができるオールマイティーなクランクとなります!

Prikkeyのスペック

Prikkeyのスペックは下記のとおりです。

カラーは10色あり、筆者は「エンドパンプキン」をよく使っています!

全長(mm)30
重量(g)1.6
タイプFloating
フックサイズフロント:QR-hook #10(Ring Size #0)リア:QR-hook #8(Ring Size #00)
カラー10色
https://www.jackall.co.jp/timon/products/lure/crank/prikkey/#link-spec

実釣でのインプレ

ジョイバレーでの実釣

まずは「ジョイバレー」さんのメインポンド。
当日の水質はマッドウォーターでした。

竿を下げて早巻き1秒1回転で下層から攻めてみました。

手前3mほどのカケアガリでクランクが地面に当たる感覚を感じながら引いているとヒット!
幸先よく1匹目をゲットしました。

その後も同様に下層を狙うことで連続ヒット!!
マッドウォーターの中でも左右にキビキビ動くクランクの特徴が活きたと思います。

より詳細な記事はこちら↓

フィッシュオン王禅寺での実釣

次は「フィッシュオン王禅寺」さんのジロー池。
こちらも当日の水質はマッドウォーターでした。

同様に1秒1回転の早巻きで下層付近を探ってみます。

使い始めて10分ほど投げてみると見事にヒット!
その後も同じ釣り方でもう1匹釣ることが出来ました。

スプーンでは当たらなかったのでPrikkeyいい感じです!

より詳細な記事はこちら↓

朝霞ガーデンでの実釣

最後は「朝霞ガーデン」さんのルアー専用池。
当日の水質はクリアウォーターでした。

今までのフィッシュオン王禅寺やジョイバレーとは異なり、クリアウォーター環境での釣行。

下層を1秒1回転の早巻きで狙ってみましたがなかなか釣れません。

竿を立てて巻きスピードも1.5秒1回転に落とし表層1mほどに変えてみます。

作戦がハマったようで連続ヒット!
短時間で5匹釣ることが出来ました。

その後放流があり、表層に魚が集まり始めました。

更に竿を立てて巻スピードを2秒1回転にしてあげることで表層を狙います。

ゆったりした動きでもしっかり魚を誘ってくれて無事ヒット!
合計9匹も釣ることが出来ました。

異なるフィールド、異なる水質でも一つのクランクで攻略することが出来ました!

より詳細な記事はこちら↓

まとめ

Prikkeyは大きなロングリップのおかげで水を多くかむ事が出来ます。
小粒ボディでもキビキビ動き、スれきったトラウトへのアピール力も絶大です。

また、ロッドポジションの上げ下げや巻スピードを変えることで
ある程度潜水レンジをコントロールすることができます。

実際の釣行でもクランクの特徴を活かし、
様々なフィールドを攻略することが出来ました。

Prikkeyは一つで様々な状況変化に対応することが出来る万能クランクなのでおすすめです!

ぜひ皆さんも買ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました