岩屋新一文字でタンコブゲームに挑戦!一文字への渡り方も紹介【淡路島エサ釣り】

エサ釣り

帰省も兼ねた淡路島遠征!

どうも、みやぶーです。

気づけばお盆で帰省のシーズンになりました。

今年は筆者の地元である大阪への帰省も兼ねて
ブログメンバーのうゆしー・マリクと一緒に2日間淡路島に行ってきました。

淡路島の釣行は2回目で前回は翼港へ行っていたのですが釣れず・・・
今回は当初リベンジも含めて翼港を目指していました。

しかし、1日目の昼でも人が多く2日目もポイントに入れない可能性があったので
別の場所も探してみることになりました。

マリクが岩屋新一文字という岩屋港の沖合50m程先にある沖堤防があることを発見!

更に調べてみると、4月中旬~10月の期間は朝4時の早朝から船が出ていて
朝マヅメもガッツリと釣りができそう!と思い行ってみることにしました。

今回、他のメンバーが青物をやるということで筆者は別の釣り物をやろうと思い
コブダイを狙うタンコブゲームをすることにしました。

当日の新一文字への渡り方も含めて紹介したいと思います。

当日の様子

当日の様子は以下の通りです。

  • 日時:2022年8月(AM4:30~AM9:00)
  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:28~31℃
  • 風:南(5m)
  • 潮:大潮(満潮~下げ5分)
  • 水質:クリア

岩屋新一文字への渡り方

岩屋新一文字には、岩屋港にある淡路島渡船さんの船で渡ることができます。

渡船の船着き場は岩屋漁港駐車場のすぐ隣りにあるため、
駐車場に車を停めてすぐに船に乗ることができます。

船は淡路島渡船の名前が書いてあるのぼり旗が目印です。

予約や店での受付は特になく、当日船着き場に行き
船内で乗船名簿記載と支払いをするだけでした。

ただし、天候などにより出向キャンセルや始発便の時間が変わっていることがあるため
念のため、事前に電話しておくことをおすすめします。

料金は一人1,500円(2022年8月12時点)とリーズナブルで
乗船から5分ほどで釣り場に着くため気軽に釣りができます。

今回筆者は事前に連絡をしたうえで初めて利用する旨を伝えたのですが
今釣れている魚や釣り物毎のポイントを懇切丁寧に教えていただきました。

電話番号や営業日などの詳細情報は下記公式HPを御覧ください。

淡路渡船
明石海峡大橋のすぐ下にある漁協です。

釣行開始

タンコブゲームの仕掛けについて

タンコブゲームはショアジギング用の装備に
ジグヘッドをつけて餌はバナメイエビアケミ貝をセットして釣る釣り方です。

今回は、コルトスナイパーXR S106HツインパワーSW 6000HGのタックルを使ってみます。

ジグヘッドは虫パワーヘッドを潮に流されないように2g,4g,6g,8g,10gの5種類を購入。
今回は、瀬戸内海で潮の流れがある程度あったので10gを使っていました。

虫パワーヘッドはヘッドでおもりが付いていてシンプルかつ
針も上に向いていて根掛かりもないので気軽に釣りできるのが良いですね。

餌は事前にスーパーでバナメイエビを購入してまるごとつけます。
画像のようにエビの尾から針を隠すように入れてすぐに外れないようにします。

タンコブゲームをやってみるが・・・

さっそく堤防を歩きながら落とし込むポイントを探っていると
ちょうど足元でコブダイらしい60cmほどの大きい魚影が泳いでいる。

近づくとすぐに海底方向に隠れてしまったが、
コブダイは同じ場所周辺を周回しているらしいので再度通る可能性がありそう。

場所を決めて早速海底まで落とし込んだ後にドラグをゆるゆるにして待ちます。

コブダイのあたりはかなり強いらしくドラグを緩めても
竿を海中に持っていかれる可能性があるらしいので念のため竿の上にカバンも置いて準備完了。

あとはゆっくりと待ちます。

しばらくするとドラグがチリチリと鳴っている!

来た!!!

と思い、ドラグを締めて合わせてみるが全く引かず余裕で巻き上げれると・・・

まさかの15cmぐらいのカサゴでした。
口元を見てみるとガッツリ餌を咥えこんでいる。

こんなサイズのカサゴでもバナメイエビを食うのか、とびっくりです。

再度、同じようにエビを入れるがカサゴなのか10分ほどするとすぐに餌がなくなっている・・・

投入ポイントを変えても同じで
気がつけばたくさんあったバナメイエビがすぐになくなってしまいました。

次の予定もあったので残念ながら諦め。

結局カサゴ1匹の釣果となりました。

今回の反省点はバナメイエビを信用しすぎて他の餌を用意していなかったことです。
特に水温が高い時期では餌取りが多いので
他の魚が食べづらいアケミ貝を用意しておけばよかったと思います。

まとめ

今回、淡路島の岩屋新一文字でタンコブゲームをやってみました。

岩屋新一文字までは淡路島渡船さんを使ってみましたが
リーズナブルな値段で行くことができます。

結果として、餌取りにやられてカサゴ1匹だけとなりましたが
待っているワクワクがありとても楽しい釣りでした。

今回、餌がバナメイエビだけで水温が高く餌取りが多い時期には不十分だった思うので
餌をきちんと準備して再度リベンジしたいと思います。

ちなみに同行していたマリクも釣果があったのでそちらは別途マリクより
記事にすると思うのでそちらもご期待ください。

今回の釣果

  • カサゴ 1匹

今回のタックル

  • ロッド: SHIMANO コルトスナイパーXR S106H
  • リール: SHIMANO ツインパワー SW 6000HG
  • ライン: Xブレイド アップグレード 3号
  • リーダー: グランドマックスショックリーダー 10号
  • 針: OWNER JH-90 虫ヘッドパワー 10g
  • 餌: バナメイエビ(スーパーで購入)

コメント

タイトルとURLをコピーしました